「会う」ということの価値を考えてみる

テレワークが中心の日々

社員同士が会わない工夫

2020年4月現在、当社もご多分に漏れず、在宅勤務が中心のシフトを取り入れております。具体的には、会社には2名~3名が出社する状態で、それ以外は在宅ワーク。営業担当者は、直行直帰(といっても訪問先はありませんが・・・)。基本的には電話などによるお客様とのやり取りは、自宅から携帯電話で行っている状態です。事務社員は、常時1名がいるように隔日勤務です。

日々の業務を出社時にやってもらい、在宅ワーク時にはデータの整理や今後のマーケティングに関する準備などをやってもらっています。ちょうどお客様の動きも制限されていることもあって、平日は一名の社員で十分対応できます。

役員は、何かあった時の全滅を避けるため、午前と午後に分けての出社。事務社員が一日を通じて在社していますので、その人を通じて引継ぎを受ける形になっています。常に業務上誰かが橋渡しをする状態でいるので、リスクもありますが仕事上の連続性も担保せざるを得ないので、今できる範囲の工夫をしているつもりです。

チームとしてのつながり

この運用を始めてちょうど一週間。何か問題が起こるかといえば、特段の問題は顕在化していません。むしろ、「意外といけるやん」というのが主な感想です。もともと当社では、二人の事務社員の一人が産休に入ったことがあり、その際にどういう仕事のやりくりをするかの試行錯誤をしていました。そのおかげで、さほどの混乱もなく今に至っております。

仕事をあるていど切り分けていくと、個々人でそれを完遂すれば会社としては、何とか回ります。ただ、これがコロナが一段落ついた時のことも検討しておく必要がありそうです。今のような在宅業務を1か月も続ければ元には戻れないかもしれません。

そんな状況になった折、会社がチームとして機能するには「会った時」に何をするのかが重要なのかもしれません。

割り切った関係か?強固なチームか?

法的に許されるなら委託もあり?

ドライに考えるなら、実は事務や電話受けを雇用した社員がやる必要もないのかもしれません。実際に電話受付代行業は普通にありますし、私の知人がそういったサービスを利用していますが、全く問題はないといいます。電話受けを外注し、経理や、こまごました事務を外注し・・・とやっていくと、雇用という面倒は必要性を感じなくなってくるかもしれません。なにしろ、今の法律はいったん雇用すれば、解雇は難しいので会社の業績に応じて組織を拡張したり縮小することが困難です。これが経営者の頭を悩ませる大きな要素の一つといえるでしょう。

しかし一方で、電話を受けるという行為は顧客の生の声を聴きだす大事なチャンスです。こまごました業務も、それを実際に社内でやるから、いろんなシグナルに気づくこともできるといえます。

委託という形に切り替えるにせよ、雇用を継続するにせよ、大事なことは彼らから現場の生の情報を受け取り、そういった情報からどう判断し、どんな行動を行うかが重要な気もします。

チームを作る距離感

さて、こういった情報のやり取りは、専門家に言わせると言葉だけではない、といいます。身振り手振りや表情で、言葉では表しきれないニュアンスを表現します。これは相手が見えない電話より、テレビ会議が好まれる要因でもあるのでしょう。さらにいうとそこに流れる場の空気、というものを人は敏感に察知している、と感じることはないでしょうか。

そう考えたときに、仕事の多くが在宅で可能になって、じゃあたまにはリアルに会いましょう、といった時に何をするかは結構重要ではないでしょうか。単なる報告会なら、メールやSNSで十分です。たまに会う機会には人と人がリアルに会う価値を分かち合う場にすることが一つの解決ポイントではないかと思います。

そこでお勧めするのが、ゲーム型の研修です。
当社でも開催のご相談を賜っておりますので、是非お問い合わせください。

人気記事

レンタルスペース

レンタルスペース

会社案内

会社案内

メルマガ登録

メルマガ・旬の経営情報
ページの先頭へ戻る